鳥骨鶏湯(オゴルゲタン)

鳥骨鶏湯(オゴルゲタン)


【材 料】

烏骨鶏(中抜き) 1 羽 (1 ㎏位)
高麗人参(人の形をしているものが良い) 1 本
なつめ 7 個
松の実 ひと掴み
栗(干し栗) 10 個
にんにく 6 片
餅 米(洗っておく) 1 合
紹興酒 適 量
適 量
長 葱 1/2 本

【作り方】

  1. 鶏の腹の中に、なつめ、にんにく、栗、高麗人参、松の実を入れ、最後に餅米を入れて腹一杯にします。
  2. (1)の口を針と糸で縫って止めます。
  3. DOに(2)を入れ、水をひたひたになるまで入れて、強火にかけ、沸騰したら一度アクを取り除いて蓋をし、 弱火にし、途中で紹興酒を加えながら1.5~2時間位、煮込みます。
  4. 仕上げに、長葱の小口切りを添え、食べる時に鶏をくずしてスープと一緒に盛り付け、各自が塩で調味し ながらいただきます。

※烏骨鶏を韓国語読みしたのがオゴルゲで、スープがタンです。 烏骨鶏の内蔵を抜き、中にモチ米、ナツメ、栗、朝鮮人参等を詰めて煮込みます。 オゴルゲタンに入れる具が、全て薬効成分に優れています。 高麗人参は滋養強壮、干しなつめは、内臓の働きを良くします。 松の実は疲労回復、にんにくは殺菌、整腸作用があります。

(レシピの無断転載を禁じます)