ダッチオーブンとは

 ダッチ・オーブンとは鋳鉄製(もしくは鉄製)の、蓋付鍋の事で、従って鉄以外の素材のダッチオーブンは、蓄熱量等の性質からも「本来のダッチ・オーブン」とは別物と考えています。
名前の由来は、アメリカ開拓時代に、オランダ人の商人が、訪問販売で売り歩いた鍋だからオランダ= ダッチのオーブン= ダッチ・オーブンとなったという説が有力ですが、他にも「ダッチ・オリリー」という人物が作って命名したという説など、いろいろ怪しげな説もあるようです。
では、何故アメリカでオランダ商人が大勢商いをしていたかといえば、初めにニューイングランド地方を植民地にしていたのが、オランダで当時はニューアムステルダムと呼んでいた。英蘭戦争に破れて軍は引き上げたが、民間人の商人は残って訪問販売でダッチ・オーブン他の日用雑貨を売り歩いた。その結果、オランダ人(ダッチマン)のオーブン= ダッチ・オーブンと呼ばれた。因に先住民からマンハッタン島を数セントの「はした金」で買いとったのは、イギリス人ではなくオランダ人だった。